採用情報

「ありがとう、瑞穂。」パートナー企業5社が、名古屋市瑞穂区長を訪問

名古屋グランパス・小西社長と「ありがとう、瑞穂。」パートナー企業5社が、名古屋市瑞穂区長を訪問

10/27(火)に名古屋グランパスと「ありがとう、瑞穂。」パートナー企業5社の代表者が瑞穂区の月東靖詞区長を訪問し、パロマ瑞穂スタジアムでの2試合[11/28(土)大分トリニータ戦と12/12(土)横浜FC戦]にて、瑞穂区の小学生とその保護者を対象に実施する「ありがとう、瑞穂。」瑞穂区ヨロコビ親子サッカー観戦招待についての報告会を開催しました。

この観戦招待は、建て替え工事が行われる瑞穂公園陸上競技場(パロマ瑞穂スタジアム)への感謝を込めて開催するイベント「ありがとう、瑞穂。」のパートナー企業6社(有限会社ケーフォー、株式会社スマートテクニカ、中部エコサービス株式会社、株式会社パロマ、フジパングループ本社株式会社、ランドマークプロダクツ株式会社)の協力のもと実施されるもので、パートナー企業と連携した親子サッカー観戦招待を実施するのは、クラブとして初めてとなります。

そしてこの報告会に参加した弊社代表取締役・坂野良輔は、このイベントへの参加について次のように述べました。

「株式会社スマートテクニカはリフォーム工事を中心にしている会社で、本社が瑞穂区の汐路にあります。私は生まれも育ちも瑞穂区です。コロナ禍で気分が沈む方も多くいる中で、今回の親子観戦招待で少しでも地域に貢献することができればと思いこの企画に参加させていただきました。」

そして月東瑞穂区長から「スポーツでも芸術でも音楽でも本物を見る機会は、観た人にとって感動を与え、それが思い出になります。今回の企画で瑞穂区の500組1,000名の親子を招待していただけることを大変有り難く思います。パロマ瑞穂スタジアムの建て替え工事が終わる5年後に更に期待を膨らませると共に、その5年の間にもいろいろな形で地域を盛り上げることができるように皆さんと一緒になって進んでいきたいと思います。」とお言葉をいただきました。

新着情報一覧に戻る